上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21世紀になった瞬間、あなたは何をしていただろうか?

アラスカではナイーマという曲が流れていた。
ジョン・コルトレーンが妻のナイーマに捧げた曲「ナイーマ」。


20世紀最後の時。
来る世紀を宇宙で祝おうと、民間のスペースシャトル「ヘルメス」が大気圏を脱しようとしつつあった。
大気圏脱出のその瞬間、スペースデブリがシャトルに接触して大爆発を起こした。

その爆発で機内に設置されていた音楽再生装置が外に放出された。
この音楽再生装置、真空でも音を伝わらせるために電磁波を利用したものだった。

放り出された音楽再生装置は何かのはずみで電源がONとなった。

そのとき。

地球では折からの太陽風でオーロラが発生していた。

そして、オーロラのプラズマが音楽再生装置のアンプ・スピーカーとなり、記録されていた音楽が鳴り響いた。
それがナイーマ。コルトレーンのテナーがオーロラを伝い、エスキモーの耳に送り届けられ、聴いた者の涙は氷上に落ち、涙のオブジェが点在されたという。

なぜこの件が知られていないのかと言うと、接触したデブリがアポロ13のものだったからだ。
世紀をまたぐロマンスも政治には叶わない。

そういうわけで以上の話は全部嘘です。



=もょもと=
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://prspls.blog74.fc2.com/tb.php/4-8c07f732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。